育毛剤の副作用とは

育毛剤に副作用はある?


抜け毛や薄毛の原因の1つであるAGA(男性型脱毛症)の代表的な治療薬としては、ミノキシジルやプロペシアがあげられます。

このミノキシジルとプロペシアは、入手方法が全く異なるものです。ミノキシジルは、テレビCMなどから広く認知された育毛剤「リアップ」の主成分であり、誰もがドラッグストアなどで気軽に購入することが可能なものです。

逆に、プロペシアは医師から処方箋を出してもらわないと購入出来ない薬です。保険適応外でもありますので、診察料とプロペシアの代金が全額自己負担になります。おおよそ1ヶ月に1万円程度は見ておく必要があります。

プロペシア

AGA治療に於ける代表的な2つの治療薬は、そもそも育毛剤を目的に研究・開発されたものではありません。

何れも別の症状の治療薬としての研究・開発の途上で、偶然にも発毛効果が発見された、所謂「副産物」的なものなのです。

ミノキシジルは、元々高血圧の方の血圧を下げる薬として研究・開発されていたものでした。血圧を下げる為に血管を広げ血流を良くすることが、頭皮の血流向上などから副産物として、発毛効果が発見されたのです。

プロペシアも同様に、育毛剤として研究・開発されたものではなく、元々は前立腺肥大の治療薬の研究・開発の中で偶然にも、治験者の中に発毛効果があったことから、育毛剤としての効果を見出だされた訳です。

それぞれAGA治療薬として発毛効果が認められた薬ですが、発毛効果があるのと同時に、副作用について出来るだけ理解しておく必要があります。

意外いと知られていないものも多くありますので驚かれる方も多いと思いますが、少数派の事例も含めて紹介したいと思います。

まずは、リアップなど市販されている育毛剤の主成分として使われているミノキシジルの副作用をあげると、下記の様な事例が見られます。

・低血圧

・多毛症

・ニキビなどの肌荒れ

・性的不能・性欲減退

・局所発熱

確かにミノキシジルは、元々高血圧に対して血圧を下げる治療薬だった訳ですから、血圧が正常な方が使用することで低血圧になりやすく、また日頃高血圧の方が使うことで血圧が正常値に近づき、高血圧が改善されたと誤解を招く恐れがあります。

ミノキシジルが使われた育毛剤を使用するにあたっては、血圧の問題を抱えていらっしゃる方に於ては、使用前に医師に相談するのがベターだと思います。

一方、医師からの処方箋がなければ購入出来ないプロペシアの副作用としては、

・精力低下

・肝機能障害

・不妊

・女性化

・ガン

・うつ

・肥満



などがあげられます。これらミノキシジルやプロペシアの副作用の中には、生命の危機に値するものも多くあることが分かるように、強い副作用のリスクが伴う育毛剤なのです。

従って、海外からの平行輸入品などを個人の判断で使用することは非常に危険なことは明らかで、購入の容易さや価格などではなく、やはり医師と相談し、副作用の有無などを見極めながら治療を進めていくべきなのです。

個人の判断で、命と引き換えのAGA治療は避けるべきです。

また最近は、副作用のない安全とされる育毛剤や、妊婦や産後の授乳期の女性でも安心して使える育毛剤も多く紹介されるようになりました。

医師と相談しながら、副作用についてもケアしつつAGA治療するなら、ミノキシジルやプロペシアといった実績も高い育毛剤や治療薬を使うのもおススメ。

逆に個人的に薄毛・抜け毛に対して改善したいと考えるなら、副作用の心配のない商品を使うのが良いと思います。呉々も髪の毛の為に、命を削ることがありませんように、注意して頂ければと思います。



育毛剤 おすすめ

育毛剤の副作用とはトップへ